スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

坐骨神経痛 の症状

お尻や足に不快な痺れが生じる、太ももに痛みが走る、等の症状があらわれた時には、まず坐骨神経痛を怪しむだろう。
殊更に前かがみに成ると痛みが増すケースの場合、坐骨神経痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアであると予測される。
腰椎椎間板ヘルニアは20?30代の若い世代によくみられる。

坐骨神経痛や腰痛の治療には、まず保存療法がとられる事が少なくないのである。
症状が重度であれば手術を実践する事も有るが、まず初めは手術以外の保存療法で治療を進める。

★股関節のストレッチ
床に片膝を立てて、もう他方の膝を後ろにつくるのだ。
そのまま膝を立てた方の足に体重をかけながら、急がずゆっくりと腰をのばしてからだを下方向に落としていくのだ。
左右の足を替えて10回ずつ実践する。

また疾患じゃないのだが、女性独自の経験(?)として妊娠、出産が有る。
妊娠するとホルモンの釣り合いの変化や大幅に成るお腹を支える為に姿勢やポーズが変わり、腰痛や下肢の痛みがでてくる女性がおおくいる。
急速に大幅に成るお腹の為に腰に負担がかかり、子宮に圧迫されて周辺の血液の流れがスムーズに足を運ばない事も原因である。
このケースの場合の痛みは妊娠期間の完結=出産する事で改善する事が殆どである。



スポンサーサイト
06 : 24 : 00 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (87)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

お気に入り








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。