スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

坐骨神経痛 発熱

坐骨神経痛はよく認識されているわりには、その原因や痛みの生じるメカニズムがあまりキッチリと把握されていない病気である。
お尻や足が痛んだり痺れたりすると、これは坐骨神経痛かな、と相当の人は自身で決断する事だろう。

お尻や足に痛みや痺れが続き、坐骨神経痛であると自己決断出きたら、次にどのタイプの坐骨神経痛なのか点検してみるべきだ。

その為、椎間板ヘルニアが神経根等を圧迫して炎症を起こしていなければ、経過観察となる。
腰椎椎間板ヘルニアのおおくは殊更に治療をしなくても飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込む為、保存療法から開始する。
普通は3ヶ月でおよそ8割の人に改善がみられるそうである。

★神経根ブロック
その名の通り、坐骨神経痛の痛みを伝達している神経根に直接、麻酔薬を注射する。
狭窄型やヘルニア型の坐骨神経痛にはよく効く神経ブロックと云われている。
造影剤を一緒に注射して、神経根の圧迫状態等を観察する事も有る。
神経根ブロックでは、注入された薬剤が直接神経根に接触する為、電気が走るような痛みを実感する人もいる。



スポンサーサイト
15 : 10 : 40 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (107)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

お気に入り








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。